トップページ > ご利用マニュアル

アイデア名刺テンプレート簡単見たまま印刷システムの使い方・ご注文方法(3)

※このページは名刺作成サービスの説明ページです。画像上のボタンやフォームは作動しません。

名刺作成ツール〜文字を入力・調整する

エンジ色のツールバーの「文字」をクリックすると、このような↓↓↓状態になります。

基本的な順番としましては、まず入力フォーム部分に、入れたい文字列を↓↓↓打ち込みます。

まずは名前から入れてみました。そして、ここが重要!すぐに「下の文字を追加」ボタンをクリック!これをやらないと、いつまでたってもカンバスに反映されませんよ。また、文字を変更したら「下の文字に変更」ボタンを忘れずにクリックして下さい。これも、やらないとせっかく打ち込んだ文字列が消えてしまうことにもなりかねませんのでご注意願います。

するとこんな風↓↓↓に表示されます。大きさは、とりあえずデフォルトの12ポイントです。あとは、この文字をカーソルでドラッグ&ドロップすれば、お好きなところへ移動できます。また、文字の大きさは「>」(0.5ポイント刻み)「>>」(2ポイント刻み)「字大」(5ポイント刻み)などで調整します。

次にフォントの調整をします。今は明朝体になっていますが、今回はゴシックでいってみます。「フォントパレット」をクリックすると、このようにフォント一覧が出てきますので、お好きなフォントをお選び下さい。

色も、同じように「カラーパレット」をクリックすれば変更することが出来ます。(しかし、グレーがないのです。申し訳ありません。)

その他の調整ボタンについて。

「字送り」・・・字と字の間の調整ができます。

「行間」・・・行間(幅)の調整が出来ます。

「比率」・・・大だと横に長細い字に、小だと縦に長細い字になります。

「プロポーショナル」・・・例えば、小さな「っ」などがあった場合、自動的に幅のバランスをとって配置してくれるフォントです。「モノスペース」(等幅)は逆にどの字も同じ幅をキープするフォントです。プロポーショナルが自然でしょう。

「左揃」〜「中揃」〜「右揃」〜「均等割付」・・・何行にもわたり入力する場合のそろえ方です。均等割付は、すべての行が同じ長さになるように調整します。

「上」〜「中」〜「下」・・・やはり何行か入力する場合の、上下の基準線をどこに置くかという調整です。

「よこ書き」「たて書き」・・・文字のかたまりごとに、タテヨコを設定できます。

当システムは、大きな紙にオンデマンド印刷してから断裁するのですが、端から2mmは「裁断ズレ」が生じる可能性があることをご了承下さい。つきましては、文字切れを防止するため、文字が端から2mmより外にデザインした場合、上↑↑↑のようなピンクのガイドラインが出て警告します。ただし、図形や罫線、素材に関してはデザイン上、端ギリギリもしくははみ出しもOKです。警告は同じように出ますが、無視して構いません。

こうして、印刷したい文字について、ひとかたまりずつ入力していきます。次の文字に行きたい場合は、ツールバーの「文字」をクリックすれば、入力フォームが空白になりますので、新しい文字列を入力できます。

こうしてとりあえず文字部分は打ち込み完了です。

 

>>罫線、素材、図形ツールの説明へ

 

ページトップへ

Copyright (C) 2006-2009お名刺作成ドットコム All Rights Reserved.